【カラーの疑問あれこれ】「カラーする時のラップってどんな意味があるの?」

広告
LINE@
【コンノツカサ LINE@公式アカウント】

友だち追加数

【カラーの疑問あれこれ】「カラーする時のラップってどんな意味があるの?」

これもまた素朴な疑問ですよねー。

wpid-wp-1432540531404.jpeg

ラップを巻いて顔が全面に出てしまうのを嫌がる女性も多いとは思いますが、これにはちゃんと意味があるのです。

①頭皮から出ている熱を均一に保つため

こちらラップをして15分置いた状態なのですが、

wpid-wp-1432540524719.jpeg

こうやって見ると少し湿気で曇っているのがわかりますか?

カラーなどの薬剤は熱によって作用が高まります

なので、頭皮から出ている体温の影響で根本付近だけが明るくなりすぎないように、全体の温度を均一に保つ目的でラップをします。

②カラー本来の力をムラなく発揮させる為

これはちょっと難しいお話なのですが、カラーというのは【還元作用】というのと【酸化作用】 という二つを作用させて明るくしたり色味を入れています。

すごーくザックリわかりやすく言えば、薬剤を乾燥させないようにラップをして【還元作用】を高め髪を明るくし、

放置後ラップを外して空気中の酸素に触れさせて【酸化作用】を促進させ、色味を鮮やかにしていくのです。

なので、トーンダウンの時はラップをしない場合もあります。

(別に明るくする必要もないので)

ちなみにラップをベターっと張るとその密着した面に熱がたまって明るくなりすぎてしまうので、ふわっと乗せるのがポイント!

(白髪を染める場合はまた話は別ですが)

パーマの際のキャップも似たような目的ですね!

んー、ザックリすぎるかな?w

まあ専門用語を並べて難しい言葉を使い説明しても中々わかりにくいと思いますので、分かりやすさ重視でザックリと。

美容院で行う作業には色んな意味があるのですが、お客様の髪質やダメージの有無、希望のスタイルなどによって千差万別、

色々と作業を加えたり、逆に省いたりというのもあるので、ケースバイケースですね。

その時その時お客様それぞれに合わせてベストな選択をしておりますので、どうぞご安心を!

他にも些細な疑問があると思いますので、また色々とご紹介していきたいと思います。

こんなのも一つどうぞご参考に。

The following two tabs change content below.
コンノ ツカサ

コンノ ツカサ

トップスタイリストcloe
北海道釧路市出身 / 9月12生まれ 国際文化理容美容専門学校渋谷校卒。 東京.青山で得た豊富な知識と卓越した技術で、お客様に洗練された【上質な美】を提供します。 ダメージレスでトリートメントをしたような透明感のあるカラーに定評があり、【究極のナチュラル】をモットーに柔らかくて女性らしいヘアスタイルを生み出します。 ヘアスタイルや髪のお悩み、ご予約はLINE@から承っていますので、是非お気軽にご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで〇〇名前をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です