【カラーの疑問あれこれ】「カラーってやっぱり痛むの?」

広告
LINE@
【コンノツカサ LINE@公式アカウント】

友だち追加数

【カラーの疑問あれこれ】「カラーってやっぱり痛むの?」

wpid-wp-1432540513001.jpeg

「毎回毛先まで染めると髪に負担がかかりそうなので、いつもは根元だけリタッチで染めてるんですが、毎回毛先まで染めた方がいいのでしょうか?」

とあるお客様から【LINE@】を通じて来たご質問。

あー、やっぱりみんなそういうことって気になるのね…

と思い、そのお客様には【LINE@】でご返答しましたが、他の方へのためにブログでも詳しくお話を。

(今回は文字数も多く少し長くなりますが、見る価値はありますのでお付き合いください)

まずその為にはカラーでのどういう部分が髪に負担をかけるのかをご説明しなければならないですね。

大前提、痛まないカラーはない!

髪が痛む要因①【アルカリ剤】

カラー剤には【アルカリ剤】というものを使用していて、これがないと髪のキューティクルを開いて色味を入れられないんですね。

(ヘアマニキュアは別ですので、今回は普通のカラーでのお話を)

んでこの【アルカリ剤】というのが髪を痛ませる要因ですね。
(髪や肌は元々弱酸性なので)

【アルカリ剤】によって過度にアルカリ性に傾いた髪は質感が固くなったり、髪の毛のタンパク質の性質をかえてしまうんです。

また【アルカリ剤】によってキューティクルを開いてる状態で髪をガリガリとコーミング(櫛を通す)すると余計にキューティクルを剥いで髪が傷んでしまいます。

(これに関しては技術でカバーできると思います)

なので【アルカリ剤】によってアルカリ性に傾いた髪を、髪本来の弱酸性に戻してあげることで、この【アルカリ剤】による負担を少なくすることができます。

(酸リンスを用いて美容院で俗に言う「後処理」という工程ですね)

髪が痛む要因②【ブリーチ剤】

「え、ブリーチじゃなくてカラーの話だよ?」

と思うと思いますが、実はカラー剤の中にはブリーチ剤も配合されているんですね。
(だから明るくできるんです)

このカラー剤の中の【ブリーチ剤】の力を使うかどうかで髪への負担がかなり変わってきます。

勿論トーンアップの際はこの力を使って明るくしていきますが、明るくしない場合、例えば

  • 「トーンは変えずに色味を変えたい」
  • 「落ち着かせたい(暗くしたい)」

なんて時はこの【ブリーチ剤】の力を使う必要はないです。

この【ブリーチ剤】の力を使うかどうかは薬の配合でどうにでもなるんですね。

皆さんも1度は市販のカラーで自分で染めたことがあるとは思いますが、チューブに入ったカラー剤と、容器に入った白い液体を混ぜて使用したと思います。

この「容器に入った白い液体」、こちらの濃度を変えることで【ブリーチ剤】の力を使うかどうかを変えることが出来るんです。

(ちなみにこの「白い液体」というのは【過酸化水素水(カラーで言う2液)】と言います)

化学式で言えばご存知【H2O2】ですね。
(知らねぇよw)

話はそれましたが、その2液の濃度の高いものをトーンダウンの際などにも必要以上に使うと髪が傷んでしまいます。

なので、僕自身お客様にカラーをする際には極力この2液の濃度はすごく低い状態にしてを使っています。

そうすることで【ブリーチ剤】は作用せず、髪へのカラーでの負担を限りなく少なく出来ますし、濃度の低い2液を使うことで色味の鮮やかなカラーができます。

(髪が細めな方や柔らかい方はこの状態でも多少は明るくできるので、それはおいおい話します)

ちなみに市販されているカラー剤は明るい色でも黒染めでも、この2液の濃度もアルカリの濃度もかなり高く設定されているので、髪へのダメージは甚大です。

(髪質を無視してどんな髪でも染まるようにしているので薬の力はかなり強いです)

【痛まないカラーはない!】と冒頭で豪語しましたが、カラーは経験を元に髪質でのカラーの選定や技術次第で

カラーの負担を最大限減らすことはできる

このことだけは覚えてほしいなと思います。

(勿論過度に明るくしたりすれば負担はかかりますのでそこはご了承ください)

長くなってしまったので、【毎回毛先まで染めるべきか否か】については次の記事でご説明します。

とりあえずカラーをする上での予備知識として説明しましたが、別にお客様がこんなことまで覚える必要はないと思いますので、僕が担当してるお客様に対して言えることは

カラーで髪は絶対に痛ませませんのでご安心して僕に任せてください!

ご不明な点があればなんでもお気軽にご相談ください。

The following two tabs change content below.
コンノ ツカサ

コンノ ツカサ

トップスタイリストcloe
北海道釧路市出身 / 9月12生まれ 国際文化理容美容専門学校渋谷校卒。 東京.青山で得た豊富な知識と卓越した技術で、お客様に洗練された【上質な美】を提供します。 ダメージレスでトリートメントをしたような透明感のあるカラーに定評があり、【究極のナチュラル】をモットーに柔らかくて女性らしいヘアスタイルを生み出します。 ヘアスタイルや髪のお悩み、ご予約はLINE@から承っていますので、是非お気軽にご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで〇〇名前をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です