同じ暗めな色でも、前回の仕上がりと比べてみよう

広告
LINE@
【コンノツカサ LINE@公式アカウント】

友だち追加数

同じ暗めな色でも、前回の仕上がりと比べてみよう

前回、

th_o0800080013256321189
就活用にトーンダウン
就活用にトーンダウン   【お客様のリアルヘアー】シリーズ。 今回は就活用の為にカラーでのトーンダウン希望のお客様。   【before】 就活用の為にまずはトーンダウン …

こちらに記載したまさえちゃんがご来店。

今回は単純なbefore afterではなくて、

同じ暗めなカラーでも色味によって雰囲気が変わる

というのをご紹介。

(「暗いとなんでも一緒でしょ」なんてお思いの方へ)

こちらが前回の仕上がり。

th_o0540096013256320925

その前にも少し暗くしたのですが、色落ちが激しかったため少し濃い目のブラウンベースでカラーした状態です。

そこからどんなカラーにしたかというと

こちらが今回の仕上がり。

th_o0800080013281746449

仕上がりのトーンは変えずにグレーベースでカラーを。

前回ブラウンベースで色持ちを重視しカラーしていきましたが、ブラウンベースだと色落ちした時にどうしても赤みが出てしまうので、

今回はその色落ちで出てきた赤みを打ち消すためにグレーベースをチョイス。

もう少しで就活も終わり、次は夏前だし少し明るくーなんて話もしてて、

トーンで暗くしてしまうと次明るくするときに濁りやすくなるので、

色落ちした時に余計な色味を飛ばして透明感が出るようにグレーベースで色味を濃く入れて暗く見せる

という方法を。

th_o0800080013281746716

グレーをベースにすると、赤みを削りながらも光が当たった時の透け感を出してくれますからね。

th_o0800080013281747006

th_o0800080013281747459

こうやって比べてみるとよくわかりますよね。

別にどっちのカラーがいいとかではなく、

同じ『暗めなカラー』でも色味が変わればこうも違いが出る

ということだけご理解頂ければと思います。

今回はブラウンやアッシュ系でのトーンダウンをご紹介しました、艶感を出すのにピンク系を使うのもまた1つオススメでございます。

カラーによって見せ方や、メリットデメリットもありますので、なんでもお気軽にご相談ください(^^)

こんなのも1つご参考に。

th_o0800080013281747933

(前髪はシースルー気味に少し軽さを)

まさえちゃんいつもありがとー!

The following two tabs change content below.
コンノ ツカサ

コンノ ツカサ

トップスタイリストcloe
北海道釧路市出身 / 9月12生まれ 国際文化理容美容専門学校渋谷校卒。 東京.青山で得た豊富な知識と卓越した技術で、お客様に洗練された【上質な美】を提供します。 ダメージレスでトリートメントをしたような透明感のあるカラーに定評があり、【究極のナチュラル】をモットーに柔らかくて女性らしいヘアスタイルを生み出します。 ヘアスタイルや髪のお悩み、ご予約はLINE@から承っていますので、是非お気軽にご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで〇〇名前をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です