跳ねやすい【肩〜鎖骨ライン】にオススメ

広告
LINE@
【コンノツカサ LINE@公式アカウント】

友だち追加数

跳ねやすい【肩〜鎖骨ライン】にオススメ

以前、

th_o0800080013154617032
髪を切る長さの分岐点は?
髪を切る長さの分岐点は?   「バッサリ切りたい!」 「イメチェンして雰囲気を変えたい!」 と思う女性も多いと思いますが、その後の扱いについて悩む方も少なくないと思います。 ここで、髪をバッサ…

こちらの記事でも触れたちょっと敏感な長さの肩~鎖骨ライン。

今回、胸上くらいまで髪を伸ばしていた友人が

「飽きたから切りたい」

とのことで、いきなり肩上は少し抵抗もあるとおもうので、今回は跳ねにくいように鎖骨ラインまでカット。

【before】

ここから長さ(アウトライン)を鎖骨ラインまでカットし、お顔周りとトップに少しだけ段を入れていきます。

鎖骨ラインで重さをとりすぎると軽さが出て仕上がりが肩に当たってしまう可能性もあるので、重さを残すところはしっかり残してメリハリを。

th_o0800080013162277991

【after】

th_o0800080013162465474

元々少し表面に段も入っていたので、それを活かしながら前髪と繋がるようにトップにレイヤーを。

ほどよく軽くし、ほどよく段を足しって感じですね。

th_o0800080013162465793

軽さを出しすぎたり、レイヤーを入れすぎると跳ねやすくなったり、毛先が薄くなってパサパサっとした印象になってしまうので、軽さとレイヤーはバランス良くプラス。

また、いつもセンターで分けることが多いとのことなので、今回は右から左に流れるよう右パートで仕上げを。

(ただ普段からこういう場合はカットの段階でどちらから限定して流すような切り方はしていないので、どうぞご安心を。

分け目なんて気分で変えましょ!)

th_o0800080013162278773

勿論ストレートスタイルでもほどよく丸みが出てまとまりやすい髪型ではありますが、

少しコンサバティブな印象になりすぎる場合もありますので、今回はそこに32ミリのコテでルーズな動きや柔らかさをプラス。

【after 2】

th_o0800080013162279253

th_o0800080013162279021

ちょっと印象が変わりますよね?

よく美容師さんがコテで巻いてるのってすごく難しそうに感じてるお客様も多いと思いますが、確かにテクニックはあるのですごく繊細に巻いて仕上げている場合もあります。

ただこれは

単に毛先を1回転平巻きにしているだけ!

ポイントは【1回転】ということ。

巻きすぎると余計にカールがつきすぎてダメだし、巻かなすぎても動きがつかないからダメ。

「いかにも巻きました!」的なスタイルは最近あまり多くはないので、巻き終わったら手でグシャっとカール感をほぐしたり、ブラシを持ってる場合は少しブラッシングしてあげるとほどよくカール感が崩れるのでオススメ!

1度ほぐしてあげて、「少しカール感をプラスしたいな」と思うところだけを指でつまんでまた1回転。

th_o0800080013162279727

あんまりきっちり巻くことばっかり意識せず、あくまでラフにで全然OK。

巻くだけで、仮に跳ねちゃっても全然関係なくなりますからね!

難しく考えず肩の力を抜いていきましょ!

あとはクリームや、スプレーワックスを全体に吹きかけてクシャっと揉みこんでいけば完成。

th_o0800080013162280150

よく聞く【外国人風】にするには、

あくまでラフに!

が大事なのかなと。

髪を伸ばし中の方は、

「長さは変えずに雰囲気を変えたい」

ってよくカウンセリングでも耳にしますが、

だったらスタイリングの仕方を変えてみる!

というのも1つの手ですからね。

是非是非色んなスタイル楽しんでいきましょー\(^^)/

こんなのも1つご参考に。

The following two tabs change content below.
コンノ ツカサ

コンノ ツカサ

トップスタイリストcloe
北海道釧路市出身 / 9月12生まれ 国際文化理容美容専門学校渋谷校卒。 東京.青山で得た豊富な知識と卓越した技術で、お客様に洗練された【上質な美】を提供します。 ダメージレスでトリートメントをしたような透明感のあるカラーに定評があり、【究極のナチュラル】をモットーに柔らかくて女性らしいヘアスタイルを生み出します。 ヘアスタイルや髪のお悩み、ご予約はLINE@から承っていますので、是非お気軽にご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで〇〇名前をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です