髪を切る長さの分岐点は?

広告
LINE@
【コンノツカサ LINE@公式アカウント】

友だち追加数

髪を切る長さの分岐点は?

「バッサリ切りたい!」

「イメチェンして雰囲気を変えたい!」

と思う女性も多いと思いますが、その後の扱いについて悩む方も少なくないと思います。

ここで、髪をバッサリ切りたいという方のために長さの分岐点のお話を。

まず縛れる長さを残すかどうか

これはかなりの重要ポイント。

髪を切っても上手くスタイリングできなかったり、仕事上や、時間がないという方はまず縛れる長さを残すかどうかです。

ちなみに縛れる長さの限界というか、肩上のボブでも縛れます。

(縛った毛先がちょっと寂しいですが)

肩ラインは避けた方がいい

肩につくかつかないギリギリのラインは、肩に当たったり首筋にそって跳ねやすくなるので避けてあげた方が無難かも。

なので「バッサリ髪を切りたいな」とお考えの方は、

肩上か鎖骨ラインをオススメします。

そうすればどちらも内巻きにまとまりやすいスタイルではありますし、バッサリ切るワンクッションおくのであれば鎖骨ラインがいいのかも。

雑誌やヘアカタでも肩ラインのセミディスタイルはすごく人気ではありますが、少し上級者向けな部分もありますので、もし肩につくかつかない長さにしたい方は

th_o0800080013154617032

このようにパーマをかけてあげたり、コテで髪を巻いて動きをつけてあげると、跳ねるのも気にならずふんわりとした雰囲気になり扱いがしやすくなります。

(跳ねるのも気にならないというか、跳ねやすい長さなのであればあえて跳ねさせてあげるのもオススメです)

  • 縛れる長さか
  • 肩より上か下か

バッサリ切りたい方はこの2点を意識しながらスタイルを考えてみてはいかがでしょうか?

是非なんでもご相談ください。

こんなのも1つご参考に。

The following two tabs change content below.
コンノ ツカサ

コンノ ツカサ

トップスタイリストcloe
北海道釧路市出身 / 9月12生まれ 国際文化理容美容専門学校渋谷校卒。 東京.青山で得た豊富な知識と卓越した技術で、お客様に洗練された【上質な美】を提供します。 ダメージレスでトリートメントをしたような透明感のあるカラーに定評があり、【究極のナチュラル】をモットーに柔らかくて女性らしいヘアスタイルを生み出します。 ヘアスタイルや髪のお悩み、ご予約はLINE@から承っていますので、是非お気軽にご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで〇〇名前をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です