貴方の髪に合うのは【縮毛矯正?】それとも【ストレートパーマ?】

広告
LINE@
【コンノツカサ LINE@公式アカウント】

友だち追加数

貴方の髪に合うのは【縮毛矯正?】それとも【ストレートパーマ?】

美容院で【ストレートパーマ】って聞くとどんな想像しますか?

「あぁあの髪にちょっと臭いがきつめな薬つけてー、ブローしてアイロンで髪伸ばしてー…」

みたいな?

その【アイロン】っての必要あります?

【縮毛矯正】と【ストレートパーマ】の簡潔な違い

わかりやすく説明すると

アイロンを使う → 縮毛矯正

アイロンを使わない → ストレートパーマ

って感じですね。

まあ細かく言えば使用する薬剤も多少変わってきたりもしますが、わかりやすく説明するとこんな感じ。

結構ご来店頂く皆さんストレートパーマと言うとこの【縮毛矯正】を連想される方が多いのですが、

僕の場合ほとんど縮毛矯正ではなく通常のストレートパーマで進めていく場合が多いです。

アイロンを使う(縮毛矯正の)メリット

  • 強い癖でも伸びる
  • 持ちが良い
  • ストレート感が強い

アイロンを使う(縮毛矯正の)デメリット

  • まず時間がかかる(値段も高い)
  • 毛先がピンピンする
  • 髪が硬い感じになる
  • 髪への負担が大きい
  • その後のパーマが難しい場合がある

個人的には余程根元からの強い癖の場合でなければアイロンは通さないですし、通したくありません

毛先がピンピン直線的な感じがするというのは技量次第で改善はできますが、縮毛矯正をかけたいと考えてる方は日常的にストレートアイロンを使用している場合が多く、既に毛先に負担がかかっている分上記のようになりやすい場合があります。

ちなみに縮毛矯正やストレートアイロン、コテを使用し続けたりすると、髪のタンパク質は熱を加えると硬くなります。(タンパク変性と言います)

そうなると、クセは伸びても毛先が少しざらついたり、硬い髪の積み重ねなので逆にボリュームが残ってしまう場合も。

通常のストレートパーマであれば、

髪を柔らかくして髪の結合(クセ)を外す

そのまま再結合させていく

という感じなので、髪を柔らかくしてクセをなくしていく分ストレートをかけても「いかにもストパー!」みたいな硬い感じにならずに髪への負担も少なく、すごく仕上がりもナチュラル。

縮毛矯正と違って、コテを使って巻きたい時も巻きがつきにくくなったりとれやすくなることもありません。

  • 全体的に大きなうねりでボリュームがでてしまう
  • まとまり感がほしい
  • 毎日使うストレートアイロンの手間を省きたい
  • 自然でナチュラルなストレートにしたい

なんて方は是非1度美容院でのストパーの概念を捨て、通常のストレートパーマをトライしてみてもいいのでは?

(当店では更に弱いトリートメントストレートもあるので、髪の痛みが気になる方はこちらもオススメ)

th_o0720128013107055261

こちらや

th_o0800080013150957350

前回紹介したこちらも通常のストレートパーマやトリートメントストレート。

ボリューム感やクセの強弱にもよりますが個人的には

  • 重めで伸ばしたいけどボリューム感が嫌
  • だけどもあんまり軽くしたくないしすきたくない

という方にはトリートメントストレートをガチオススメしております。

(トリートメントストレートは+3240円、通常のストレートパーマは+5400円)

どちらもお時間は+30分ほど見ていてだければ問題ないですし、そんな頻繁にやるひつようもないので1度かけてしまえば持ちはかなりいいです。

是非こんなのも1つご参考に。

The following two tabs change content below.
コンノ ツカサ

コンノ ツカサ

トップスタイリストcloe
北海道釧路市出身 / 9月12生まれ 国際文化理容美容専門学校渋谷校卒。 東京.青山で得た豊富な知識と卓越した技術で、お客様に洗練された【上質な美】を提供します。 ダメージレスでトリートメントをしたような透明感のあるカラーに定評があり、【究極のナチュラル】をモットーに柔らかくて女性らしいヘアスタイルを生み出します。 ヘアスタイルや髪のお悩み、ご予約はLINE@から承っていますので、是非お気軽にご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで〇〇名前をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です