【痛んでる?】髪のパサつき

広告
LINE@
【コンノツカサ LINE@公式アカウント】

友だち追加数

【痛んでる?】髪のパサつき

「毛先パサパサして痛んでるんで切ってください」

って言った経験おありですか?

ここでひとつ、

本当に痛んでますか?

th_o0658048013036634388

勿論本当に痛んでパサついている時もありますが、単にパサついて見えてしまってるだけの時も。

パサついて見えてる一番の原因は

光の乱反射

によるもの。

乱反射とは、髪の表面が均一な面となっておらず、光が綺麗に反射できない状態。

光が反射できない=ツヤが出ない=パサついて見える

となってしまいます。

髪がパサついて見える例

髪の表面からすかれて軽くなっている

毛量を調整する際にスキバサミ(セニング)を使って軽くしていきますが、

スキバサミは均一に軽さが出て短い毛ができます。

それが髪の表面で出てしまうとパサついて見えて見えてしまいます。

毛先が軽くなりすぎて薄くなっている

前の記事でも記載しましたが、毛先を軽くしすぎるとまとまりが出にくくなり、毛先が薄くなることでダメージを受けやすく、枝毛の原因に。

カラーの退色が激しい

カラーも色が落ちると、抜け落ちた色の部分の髪の内部はでこぼこのような感じになるため、色落ちしすぎるとツヤ感を失いやすくなります。

極力2ヶ月に1度はカラーをしてあげた方がベターでしょう。

他にも

  • 湿気で髪が膨らんでいる、
  • 動きのあるスタイルをしている(パーマを含む)、

など、基本的に髪表面のまとまりがない時にパサついて見えてしまってることが多いです。

髪が細目の方やくせ毛の方は湿気の影響を受けやすいので特にパサついて見えがちになります。

勿論美容院で解消できることもありますが

お客様自身でも出来る解決策とすればそれは

乾かし方

です。

毛先ばかりを乾かしてしまうと、毛先がオーバードライ(乾かしすぎ)になってしまい、余計にパサついてしまったり、

根元が半乾きになってしまったりちゃんと乾かされずクセやうねりがとれないため面が整わず、光の乱反射の原因に。

また、根元をよくこすりながら乾かすことで根元のクセもとれるのでまとまり感がアップします。

そして、髪のキューティクルの面は上から下に向かってウロコ状にあるので、

上からドライヤーを当ててあげ、引っ張りながらクセを伸ばすような感じで手グシを通してあげるとツヤが出やすくなります。

  • 根元からよーくこすって乾かす
  • 上からドライヤーを当て、引っ張りながら乾かす

この2点を意識されるだけでもかなりツヤ感やまとまり感は変わってきます。

勿論トリートメントオイル等でパサつきを抑えるのもオススメです。

是非こんな話もひとつご参考にして頂きながらトライしてみてください。

The following two tabs change content below.
コンノ ツカサ

コンノ ツカサ

トップスタイリストcloe
北海道釧路市出身 / 9月12生まれ 国際文化理容美容専門学校渋谷校卒。 東京.青山で得た豊富な知識と卓越した技術で、お客様に洗練された【上質な美】を提供します。 ダメージレスでトリートメントをしたような透明感のあるカラーに定評があり、【究極のナチュラル】をモットーに柔らかくて女性らしいヘアスタイルを生み出します。 ヘアスタイルや髪のお悩み、ご予約はLINE@から承っていますので、是非お気軽にご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで〇〇名前をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です