基本的にカラーは攻めます

広告
LINE@
【コンノツカサ LINE@公式アカウント】

友だち追加数

基本的にカラーは攻めます

基本僕は、

カラーは攻めます。

「アッシュ系に」とのオーダーであれば、

アンダートーンを読み取る際に

赤味やオレンジ味が強ければ思いっきりマット(緑)を入れますし、

黄色味が強ければ紫(ラベンダーとかいうのかな?)を入れます。

前にブログでカラーの補色というものに触れましたが、

僕はカラーの薬を選定する際にかなり彩度の高い色を使います。

勿論色持ちが良いカラーにしたい時であればブラウンをベースに彩度の高い色を混ぜるような形をとります。

彩度が高い色を使用するときはどうしても色落ちしやすくなってしまうので、その分かなり色味を濃く入れるので、アッシュ系であれば

相当くすませます。

相当くすませてもある程度の回数のシャンプーで色味は落ち着きますし、中途半端に彩度の高い色を少し混ぜてのせてキレイに発色しないのであれば

彩度の高い色を単色でズドンとのせる!

その方がキレイな色味になるのであれば。

(普通の美容師さんならそれを単色でのせるのは怖がるだろうなというものまで平気でのせます。)

勿論ある程度その考えに理解を頂いてるお客様にしか単色で攻めることはしないですが、

これがまたキレイな色になるんですよ。

キレイな色にするためのツールとして彩度の高い色を使うだけであって、

別に攻めてる自覚は正直あまりありません。

まま、

その考えに大変強く共感してるお客様が今日御来店頂いたのですが、

「アッシュ、がっつり、濃い目で!

といういかにもこなれたオーダーを。

(´-`).。oO (アッシュ、ガッツリ、コイメデ…)

th_o0405072012999328220

まあ少し仕上がりがわかりにくいですが、

マットブルーとブルーバイオレットを1:1でAC2%でズドンと。

もう何度も僕がカラーをしていて下地作りは完璧なので彩度の高い色を濃くのせてもなんの問題もありません。

この子はオレンジ味が結構強いのと、色落ちが気になりやすい髪質なので、

かなりマットに寄せてもそこまで緑っぽくならず、ナチュラルに仕上がり透明感を出してくれます。

彩度の高い色を選ぶからといって奇抜な色になったり個性的になってしまったりするわけではなく、

彩度の高い色を使った方がよりいらない色を打ち消してくれて、キレイな色になる時に使う

ということをお忘れなく。

勿論ケースバイケースです。

まあどんなカラーリングであれ、しっかり髪質やアンダーカラー、ダメージ等を考慮した上で色を選んでいきますので、

なにかあればなんでもお気軽にご相談下さい。

是非こんな感じも1つご参考に。

The following two tabs change content below.
コンノ ツカサ

コンノ ツカサ

トップスタイリストcloe
北海道釧路市出身 / 9月12生まれ 国際文化理容美容専門学校渋谷校卒。 東京.青山で得た豊富な知識と卓越した技術で、お客様に洗練された【上質な美】を提供します。 ダメージレスでトリートメントをしたような透明感のあるカラーに定評があり、【究極のナチュラル】をモットーに柔らかくて女性らしいヘアスタイルを生み出します。 ヘアスタイルや髪のお悩み、ご予約はLINE@から承っていますので、是非お気軽にご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで〇〇名前をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です