それぞれの骨格と髪質に合わせたカット

広告
LINE@
【コンノツカサ LINE@公式アカウント】

友だち追加数

それぞれの骨格と髪質に合わせたカット

ブログタイトル、美容師にとって当たり前と言えば当たり前な話なんですが、

今回、オーストラリア人の女性がご来店されたので少しご説明。

(アジア系のお客様は何度も体験していますが、欧米の方はそんなに多くはないので)

【before】

wpid-wp-1449727479491.jpeg

かなりレイヤーが入っていたスタイルで、前回のカットから3ヶ月ほど空いた状態です。

本人は、前髪が割れるからパーマをかけようか悩んでいたのですが、それは生えグセな為パーマでは直らないですし、ドライ方法のアドバイスで改善できるように。

あとは、

『基本お任せ』

って感じですね。

【after】

wpid-wp-1449727476602.jpeg

コンパクトに収めた前下がりボブに。

アゴラインに合わせ、そのまま延長線上にウエイトポイントがくるようにカットし、自然と髪の毛が落ちる位置で収まるように

基本的に【日本人】と【外国人】は髪質も骨格も全く違う。

美容師さんじゃない方は中々外国の方の髪を触る機会というのはないと思いますが、

根本的に日本人(アジア含む)と他の外国人の方の髪質や骨格は全くの別物なんですよね。

日本人(アジア系)の髪質は基本的に硬くて太くて量も多いんです。

そんで絶壁(後ろの丸みが少ない)。

なので、

  • 髪の量を調整し、硬い髪を柔らかく魅せる質感調整
  • 頭の形をカバーしたウエイトポイントやボリュームの調整

が必要不可欠になるわけなんです。

その感覚のまま欧米の方をカットすると

頭の丸みが強く出過ぎてしまう。

それを消すのに軽くしたり段を入れすぎる。

結果はねやすくなってしまったりぱさついてしまう。

という状態になってしまうんですね。

(まさにbeforeの状態)

wpid-wp-1449730090347.jpeg

100人いれば100通りの切り方がありますし、1000人いれば1000人全てベストなものは違います。

仮に長さやデザインを変えないにしてもより扱いやすいスタイルや、個々それぞれにベストなもの、【オーダーメイド】を提供出来るようにもっと意識を高めていきたいなと思います。

こんなのも1つ、どうぞご参考に。

Thank you Liz !!

I look forward to meeting you.

The following two tabs change content below.
コンノ ツカサ

コンノ ツカサ

トップスタイリストcloe
北海道釧路市出身 / 9月12生まれ 国際文化理容美容専門学校渋谷校卒。 東京.青山で得た豊富な知識と卓越した技術で、お客様に洗練された【上質な美】を提供します。 ダメージレスでトリートメントをしたような透明感のあるカラーに定評があり、【究極のナチュラル】をモットーに柔らかくて女性らしいヘアスタイルを生み出します。 ヘアスタイルや髪のお悩み、ご予約はLINE@から承っていますので、是非お気軽にご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで〇〇名前をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です