『カラー剤でできる限界の明るさ』とはどれくらいなのか。

広告
LINE@
【コンノツカサ LINE@公式アカウント】

友だち追加数

『カラー剤でできる限界の明るさ』とはどれくらいなのか。

皆さんカラー剤でできる限界の明るさってどれくらいだと思いますか?

冬にかけて髪色を落ち着かせていく人も増える中、

「逆に私は明るくしたい」

なんて意見も結構多いです。

しかし、その中でもやはり髪への負担を考えブリーチはせず、カラーでできる限界の明るさを希望される方も多いです。

【before】

wpid-wp-1445679024841.jpeg

カラーが退色して、9〜10トーンの状態。

ここからカラー剤だけでできるかぎりトーンアップを。

【after】

wpid-wp-1445679021574.jpeg

約12トーンのアッシュベージュへ。

基本的にカラーでできる限界の明るさは【12〜13トーン】です。

カラー剤のメーカーによって違いも出ますし、髪の状態にもよりけりですが、大体これくらいが限界かと思います。

今回のカラーで言えば、明るくするだけであれば正直もう少し明るくすることは可能です。

ですが、そうなると明度が上がりすぎて逆に彩度が落ちるのでオレンジっぽくなっちゃうんですよ。

(明度と彩度は反比例の関係にあります)

なので今回は、程よいくすみが残るベージュまでで抑えています。

wpid-wp-1445679012610.jpeg

ちなみに、ブリーチをしなくてもカラー剤だけでそれ並み明るく、かつ透明感を出す方法もあります。

それは、

『ハイトーンを継続する』

ということ。

ハイトーンを継続していると、退色に伴い髪の内部の色素量が減り、13〜14トーンまで明るくなります。

ただそれだけでは『色が抜けきった明るさ』であってキンキンと黄色くなってしまいあまり上品ではないので、

毎回黄色味をカバーしながらハイトーンを継続してあげると、ブリーチしたのと同程度の明るさと透明感を得られます。

(勿論ハイトーンにするので多少髪に負担はかかりますが、ブリーチ程ではありません)

一発で結果を求めるよりも、2〜3回かけて理想まで仕上げていく方が、髪に負担なくクオリティを上げることができますからね。

「ブリーチはしたくないけど、かなり明るくしたい!」なんて方は是非ご参考ください。

(ちなみに、個人的にはブリーチは使いますが、ハイライトを入れてあげるのもオススメです)

予約に関してはこちらをご覧ください。

th_IMG_6298
【要確認!】予約状況(28日現在)予約が入り次第随時更新します。
【要確認!】予約状況(28日現在)予約が入り次第随時更新します。   残りの営業日の細かい予約状況をお伝えしますので、是非ご予約の参考にしてみてください。 28日(水) 満員御礼 29日(木) …

The following two tabs change content below.
コンノ ツカサ

コンノ ツカサ

トップスタイリストcloe
北海道釧路市出身 / 9月12生まれ 国際文化理容美容専門学校渋谷校卒。 東京.青山で得た豊富な知識と卓越した技術で、お客様に洗練された【上質な美】を提供します。 ダメージレスでトリートメントをしたような透明感のあるカラーに定評があり、【究極のナチュラル】をモットーに柔らかくて女性らしいヘアスタイルを生み出します。 ヘアスタイルや髪のお悩み、ご予約はLINE@から承っていますので、是非お気軽にご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで〇〇名前をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です