【ダメージケアには欠かせない!】今こそトリートメントをしよう!

広告
LINE@
【コンノツカサ LINE@公式アカウント】

友だち追加数

【ダメージケアには欠かせない!】今こそトリートメントをしよう!

以前僕こんな記事を書いたんですけど、

th_IMG_6298
【トリートメント】で髪は本当に治るのか
【トリートメント】で髪は本当に治るのか   結論から言うと「治りません」 髪は爪と同じタンパク質(ケラチン)で出来ている死滅細胞。 言葉を悪く言うと、生えた瞬間からその死んでる(自己治癒力はない)状…

誤解されると困るので一言、

【トリートメント】は無意味ではありません!

上の記事の内容と重複しますが、髪の毛は爪と同じ死滅細胞なので傷むと自己再生はできないんですね。

ということは

外部から補修するしかケアする方法はないんです!

勿論『痛ませない』というのが一番良いのですが、どんなに気を付けていても日々過ごす中で物理的ダメージは負ってしまいます。

(美容院で施術する際は限りなく負担は軽減させています)

なのでサロン専売品のシャンプーやトリートメント、洗い流さないトリートメントなどを使っての日々のケアは必須になってくるのですが、これは

あくまで補助的な役割でしかない

ということをご理解ください。

(勿論日々やるとやらないではかなり変わってきますので大事ですよ)

メインは【美容院でのトリートメント】

wpid-wp-1439693328432.jpeg

大体の方が1ヶ月~2ヶ月に1度美容院にご来店されると思うのですが、個人的にはそのタイミングで

美容院のトリートメントで集中的にしっかりケアする!

というのが非常に大事なのかなと思います。

(そうすることで日々のケアが活きるというか、美容院でのトリートメントの効果をご自宅で日々ケアすることで長持ちさせるような感じですね)

傷んでからではもう遅い!

『もう遅い!』というのは言い過ぎかも知れませんが、髪は補修は出来ても再生や復活は出来ません。

なのでトリートメントの理想的な位置付けとしては、

『傷んでるからトリートメントをする』というよりも『傷まないようにトリートメントでケアをする』

という予防や事前ケア的な考え方でいるのがベストなのかなと。

『傷んでもトリートメントすればなんとかなるでしょ』みたいな過度な期待はNGです。

1回2回のトリートメントで髪が復活するなんてそんな万能なものではありませんので。

(勿論ある程度質感や手触りの向上は見込めますが限界はあります)

何度も言いますが、【傷ませない】というのが一番大事

(髪が濡れたまま寝てしまったり、アイロンでの過度な熱の加え方には十分ご注意ください)

この時期だとどうしても紫外線が強く髪に負担もかかりやすいですし、冬は冬で乾燥してしまって髪も潤い不足になってしまったりと、季節ごとに髪に負担をかける環境的要因は変わってきます。

(傷む原因がカラーやパーマ等での化学的要因なのか、上記のものやアイロン等での物理的要因なのかでも対処は変わってきます)

なので、その時その時の髪の状態に合わせてベストなトリートメントを選定していきますので、是非お気軽にご相談ください。

こんな話もどうぞご参考に。

The following two tabs change content below.
コンノ ツカサ

コンノ ツカサ

トップスタイリストcloe
北海道釧路市出身 / 9月12生まれ 国際文化理容美容専門学校渋谷校卒。 東京.青山で得た豊富な知識と卓越した技術で、お客様に洗練された【上質な美】を提供します。 ダメージレスでトリートメントをしたような透明感のあるカラーに定評があり、【究極のナチュラル】をモットーに柔らかくて女性らしいヘアスタイルを生み出します。 ヘアスタイルや髪のお悩み、ご予約はLINE@から承っていますので、是非お気軽にご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで〇〇名前をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です