『コンプレックス』と言うのが正しいのかわからないけど、絶対に出来るようになりたいこと

広告
LINE@
【コンノツカサ LINE@公式アカウント】

友だち追加数

『コンプレックス』と言うのが正しいのかわからないけど、絶対に出来るようになりたいこと

wpid-wp-1440566781511.jpeg

僕、本気で英語話せるようになりたいんですよ!

まあ話せるといっても簡単なコミュニケーションや日常会話レベルは。

僕の周り(お客様を含め)、英語を話せる方が多いんですね。

今までは

「英語話せるとかっけーじゃん?」

くらいにしか思ってなかったんですが、

前に東京で友達の勤めてるサロンに行った時に

『How’s  it  going?』

と外国人に話しかけられたんですね。

その時僕は

「はっ?!?!」

と思い、苦笑いしかできなかったのですが、

(ちなみに『How’s  it  going?』というのは日本語だと「やぁ?」とか「調子どう?」的なものなのですが、

皆さん馴染みがあるのは『How  are  you?』とかだと思います。使い方としてはそれよりもフランクなものですね)

この苦笑いしかできない自分が本気で嫌だったんですよ!!

(相手はコミュニケーションをとろうとせっかく話しかけてくれたのに、困惑して何も返せない僕。)

もうね、ホントにコンプレックス!

だって日本語だけだったら1億2000万人くらいとしか話せないですが、英語話せるだけで40億人くらいとコミュニケーションがとれるんですよ?

学生時代は理系人間だったので数学化学は得意だったのですが、英語は大の苦手でした。

ですが、この一件から『本気で英語を話せるようになりたい』と強く思い、勉強しようと決意しました。

先日のこちらのお客様、

wpid-wp-1439008378875.jpeg
【インナーカラー】お洒落の隠れたアクセントとして
【インナーカラー】お洒落の隠れたアクセントとして   【お客様のリアルヘア】シリーズ 以前、 ロングでのセクションカラーをご紹介しましたが、 今回は肩ラインのベージュブラウンをベースに…

英語が話せるので前回も色々とアドバイスを頂いたのですが、今回は更に慣用句や、英語脳の作り方を教えていただきました。

学生の頃のやりたくもなかった英語の授業と違って、コンプレックを抱えた状態で色々と教えて頂くと

これがまぁ楽しい。

(求めてる情報だから吸収スピード半端ないです)

元々暗記自体は得意なので、 自分でも本を買い、

自宅でも猛勉強中。

(別に海外に行く予定も移住する予定もないです)

まあその英語が話せるお客様に「どうやったら早く英語が喋れるようになりますか?」と尋ね返ってきた答えが、

『六本木や西麻布で、外国人の彼女を作るのが一番手っ取り早いですよ』

と。

んー、頑張ってみますw

英語がいつか仕事に繋がるように、コツコツと頑張っていきたいと思います。

是非英語が話せるお客様、アドバイスをお待ちしております。

The following two tabs change content below.
コンノ ツカサ

コンノ ツカサ

トップスタイリストcloe
北海道釧路市出身 / 9月12生まれ 国際文化理容美容専門学校渋谷校卒。 東京.青山で得た豊富な知識と卓越した技術で、お客様に洗練された【上質な美】を提供します。 ダメージレスでトリートメントをしたような透明感のあるカラーに定評があり、【究極のナチュラル】をモットーに柔らかくて女性らしいヘアスタイルを生み出します。 ヘアスタイルや髪のお悩み、ご予約はLINE@から承っていますので、是非お気軽にご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで〇〇名前をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です