【これでもう安心!】海に行く時のヘアケア

広告
LINE@
【コンノツカサ LINE@公式アカウント】

友だち追加数

【これでもう安心!】海に行く時のヘアケア

wpid-wp-1438921503926.jpeg

この時期海水浴やBBQなどで海に行く機会も多いと思います。

しかし海では髪が傷む可能性が大。

なので今回は、その原因とヘアケアのお話を。

髪にとって天敵な【海水】

なぜ海で髪が傷むのかというと、一番は海水。

『海水で髪が傷む』結構ご存知の方も多いと思いますが、海水はアルカリ性なんですね。

髪というのは元々は弱酸性なのですが、性質的に髪はアルカリ性に傾くとキューティクルを開いてしまうんです。

キューティクルが開くと勿論そこから栄養分やカラーの色素が流出してしまいますし、海ではその不安定な髪の状態で大量の紫外線を浴びることで更に髪にダメージが

お肌と同様髪も日焼けをしますからね。

(髪の表面部分が内側よりも明るく色落ちしてしまうのはこの紫外線が原因です)

ちなみに【サーファースタイル】と呼ばれるようなメンズヘアは、紫外線で髪が焼け赤褐色になり、濡れた髪をかきあげて自然乾燥した髪型が由来ですね。

海で髪が傷むからといって

『海へ行きたい!リア充したい!』

『海が俺(私)を呼んでいる』

『夏だ!海だ!BBQだ!』

なんて方も多いと思いますので、ではどうすればいいのか。

対処法や、その後のヘアケア

①可能なのであれば帽子を被りましょう!

やはり髪へ負担をかける要因として紫外線の影響もかなり強いので、帽子などで紫外線をカバーしてあげると髪への負担は軽減します。

②帽子が無理なら、海に行く前には【洗い流さないトリートメント】をたっぷりと!

まあ帽子を被りながら海に入るというのもいかんせん現実味もないので、この方法を。

【洗い流さないトリートメント】には乾燥を予防してくれたりUV効果があります。

なので海に行く際にはいつもよりも多めにトリートメントをつけてあげましょう!

(つや出しスプレーでも同様の効果がありますし、今は髪にも使える日焼け止めもありますからね)

③海水で濡れた髪は最後しっかり洗いましょう!

海水は通常の水よりも塩分濃度が高いので、水分を蒸発しやすく髪が乾燥する原因にもなります。

海に入った後は、髪が吸い込んだ海水を押し出すようにいつもより長めに水で洗いましょう

(そうすると浸透圧で海水が髪の外へ出ていきます)

ただ、海水でキューティクルが開いた状態なので、髪をゴシゴシ洗わず優しく洗いましょう

(ゴシゴシ洗うとキューティクルがはがれてしまいます)

④その後は美容院でカラーやトリートメントをして、しっかりメンテナンスを!

これは言うまでもないですね。

いくら気をつけても多少なりとも髪に負担はかかります。

海で負担がかかった髪に、その後しっかりカラーの色味や栄養分を補給しましょう。

(なので、カラー直後に海に行くよりは、海に行ってから美容院に来る方がオススメかと)

先ほど、『海水はアルカリ性だ』とお話ししましたが、

実は水道水も弱アルカリ性なんです。

なので、濡れた髪を長い時間放置したり、髪が濡れたまま寝るのは海水同様開いたキューティクルをボロボロに剥いでしまうので気をつけましょう。

(毎日の積み重ねですからね)

今回の話はプールでの塩素(正式には次亜塩素酸ナトリウム NaClO)でも同様のことが言えますので、是非覚えておいてください。

しっかりヘアケアして、残りの夏を楽しんでくださいね!

こんな話も是非1つ、どうぞご参考に。

The following two tabs change content below.
コンノ ツカサ

コンノ ツカサ

トップスタイリストcloe
北海道釧路市出身 / 9月12生まれ 国際文化理容美容専門学校渋谷校卒。 東京.青山で得た豊富な知識と卓越した技術で、お客様に洗練された【上質な美】を提供します。 ダメージレスでトリートメントをしたような透明感のあるカラーに定評があり、【究極のナチュラル】をモットーに柔らかくて女性らしいヘアスタイルを生み出します。 ヘアスタイルや髪のお悩み、ご予約はLINE@から承っていますので、是非お気軽にご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで〇〇名前をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です