【レングス別】アイロンの選び方

広告
LINE@
【コンノツカサ LINE@公式アカウント】

友だち追加数

【レングス別】アイロンの選び方

th_t02200293_0300040012907508370

世の中の女子には必須の

th_t02200220_0400040012907508368

ヘアアイロン(通称コテ)

これには太さも色々と種類があり、

中々自分に合うアイロンがわからない方はどうぞご参考にしてください。

長さ別、コテの選び方とは

  • ショート 19~26ミリ

ショートでもボーイッシュに見られたくない人や、直毛で髪が固い人など、

扱いやすさや動き、女性らしい柔らかさを出したい方にはオススメ。

ショートなら巻くのは全体じゃなく、動きをつけたいポイントだけでOK。

  • ミディアム 26~32ミリ

「上手くブローできない」「毛先がはねちゃう」なんて方にはオススメ。

巻くだけで艶とまとまりを同時にゲットできます。

上手く巻けない方は難しいことを考えず、ざっくり全て毛先を平巻きでOK。

  • ロング 32~38ミリ

ロングになると「巻かないとどうしようもない」という方も多いかと。

ロングは髪の長さでの重さもあるので巻きがつきにくかったりとれやすかったりするので

そういう方は1段階細めのコテで巻いてあげるか、

巻く前にカールキープ用のスプレーやミストの使用をオススメします。

キープさせようと巻いた後に大量にスプレーするとゴワゴワになって、

せっかく巻いたことで出た柔らかさが失われますのでご注意を。

ミディアムでもロングでも

あまりグリグリに巻かず、少しカールがだれたようなナチュラルなもの

が、作り込みすぎず、いかにも「巻きました」感が出ないのでいいと思います。

グリグリでいかにも巻いた感満載だと古臭くなるし、逆に老けた印象になるような‥

また、顔周りをポイントで少しリバースに巻いてあげると可愛い雰囲気でも大人っぽい印象をプラスできます。

少しですよ?リバースが多すぎるのはコンサバっぽくなり過ぎで老けるかも‥

コテは扱い方によって髪を痛める

基本、

「巻く(熱を加える)」

という作業は絶対的に髪に負担をかけます。

コテを使う方は使用前の洗い流さないトリートメントや日々のトリートメントなど、

いつも以上に髪のケアを意識して、髪への負担を極力軽減していきながらオシャレを楽しみましょう!

ちなみに、

MAXの温度で短時間で巻く

方が髪への負担は少ないかも。

こんな話も是非ご参考に。

The following two tabs change content below.
コンノ ツカサ

コンノ ツカサ

トップスタイリストcloe
北海道釧路市出身 / 9月12生まれ 国際文化理容美容専門学校渋谷校卒。 東京.青山で得た豊富な知識と卓越した技術で、お客様に洗練された【上質な美】を提供します。 ダメージレスでトリートメントをしたような透明感のあるカラーに定評があり、【究極のナチュラル】をモットーに柔らかくて女性らしいヘアスタイルを生み出します。 ヘアスタイルや髪のお悩み、ご予約はLINE@から承っていますので、是非お気軽にご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで〇〇名前をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です