【カラーへのこだわり】1プロセスで行うWカラー

広告
LINE@
【コンノツカサ LINE@公式アカウント】

友だち追加数

【カラーへのこだわり】1プロセスで行うWカラー

【お客様のリアルヘア】シリーズ

今回は自分自身いつもと違うカラーの使い方というか、カラーの仕方をしたので、まずbefore、afterをご紹介してから説明します。

before

wpid-wp-1437366302314.jpeg

またまたウェットですいません。

(最近乾いた状態でbefore撮るの忘れちゃうんですよね)

えー、ベースはオレンジがかった8トーンくらいのブラウンのような色味で、ここから10~11トーンくらいのベージュっぽい仕上がりに

after

wpid-wp-1437366310333.jpeg

オレンジっぽいベースにあえて黄色味とマットを足したライムベージュに

ここから、少しカラーのお話を。

いつもは1度明るくしてから、上から暗い色を被せたりするなど、同系色の明度差でカラーをすることはあったのですが、

(わかりやすく言えば、まず10トーンのアッシュで全体塗って色を明るくしてから、上から8トーンの濃いアッシュを被せて少しくすませるみたいな)

今回は全く違う色味でトライしてみたんですね。

(まあトライしてみたといいつつ、ある程度仕上がり予想は出来てましたが)

まずオレンジ味がいらないので、黄緑ベースの色で全体を明るく。(OX6%)

その後、トーンアップすると色味が薄くなる分マットよりも黄色が出やすくなりますし、オレンジ味が少し残ったりもするので、紫とアッシュを混ぜた濃い色を上から被せました。(AC2%)

行程で言えば最初の薬で明るく、2回目の薬で色を入れる

みたいな感じですね。

読んでる方の中で、

  • だったら一回シャンプーしてからまたカラーすればいいんじゃないの?(Wカラーにする)
  • 2回も塗らないで、初めから狙い通りになるようにカラー剤を混ぜてやっちゃえばよかったんじゃん?

なんて疑問に思う方もいると思います。

(一般のお客様はわからないけど、多分これを読んでる美容師の友人はw)

なぜ色味の違うカラーを1回のプロセスで行ったのかと言うと、

①、カラー後1度シャンプーをして、再度カラーをする2プロセス(Wカラー)にすると、施術料が高くなる。

まあこれはお客様に「そうした方が仕上がりが綺麗ですよ」と説明し、2プロセスを経てもよかったのですが、

個人的に余計に費用をかけさせるのも嫌ですし、それよりもそのプロセス分余計に時間がかかるのを避けるため

まあこれはケースバイケースですが。

②、カラーは混ぜすぎると濁る。

学生の頃絵の具を使ったことは皆さんあると思いますが、色というのは混ぜすぎるとどんどん黒く濁っていくんですね。

(筆を洗う水とか最後黒く濁ってた経験ありません?)

カラーを配合する時も同様、色んなことを狙いすぎてカラー剤を混ぜすぎると欲しい色味が出ず、結局濁って透明感も出なくなってしまうのです。

個人的に透明感を失わないように『カラー剤を混ぜるときは2色まで』とこだわりを持っております。

上記のような理由があって、カラーを2回塗りますが、一応1つの行程で施術を行いました。

wpid-photogrid_1437361846949.jpg

まあ正直これは自分の中では裏技というか外法という捉え方をしていて、本当は確かにWカラーにしたり、来店回数を重ねて負担なく狙い通りなカラーをするのがベストだと思っております。

(2回目のカラーを被せるときに最初のカラーをコーミングで取り除くため、その際少なからず負担がかかるので)

が、色々事情がある場合もあるので、こういう方法を自分の中で再確認するような意味合いも込めてトライしてみました。

【カラー】という美容師にとって当たり前の施術でも、美容師それぞれによって考え方は勿論違うと思うのですが、

たかが【カラー】、されど【カラー】

というように、プロとして圧倒的な差を見せつけないと、市販のカラーの否定なんて出来ないですからね。

(何度も言いますが、僕はデザイン性の高いカラーよりも、ナチュラルで透明感のある柔らかいカラーの方が好きです。)

かといって、カラーの仕上がり重視で髪への負担を無視してしまうのはもっての他です。

自分の技術力を上げるというよりは、自分の技術の質を上げられるようにもっと努力し、挑んでいきたいですね。

長くなりましたが、こんなのも是非1つご参考に。

The following two tabs change content below.
コンノ ツカサ

コンノ ツカサ

トップスタイリストcloe
北海道釧路市出身 / 9月12生まれ 国際文化理容美容専門学校渋谷校卒。 東京.青山で得た豊富な知識と卓越した技術で、お客様に洗練された【上質な美】を提供します。 ダメージレスでトリートメントをしたような透明感のあるカラーに定評があり、【究極のナチュラル】をモットーに柔らかくて女性らしいヘアスタイルを生み出します。 ヘアスタイルや髪のお悩み、ご予約はLINE@から承っていますので、是非お気軽にご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで〇〇名前をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です